株式会社 雅夢

ホーム›  ~秋季号~ 雑草という名の草はない

~秋季号~ 雑草という名の草はない

2013年10月01日

昭和天皇の侍従長であった入江相政(いりえすけまさ)さんが、皇居の庭の雑草を刈っていたところ、昭和天皇が近づいて「何をしているのか?」と、問い質(ただ)した。

雑草入江さんは「雑草が生い茂ってまいりましたので、一部を刈りました。」と答えたところ、

「雑草という草はないよ、入江。どんな植物でもみな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で自由に生きている。」

と、おっしゃったという。

植物学者でもあった陛下は、自身のお立場が「高貴な菊の花」であればこそ、名もなき雑草イコール国民に、広く深い慈愛の心を寄せられていたのである。

時はまさに終戦から30年。雑草を兵士と置き換えれば、戦死した国民に対し、陛下がいかに懺悔(ざんげ)の念をお持ちであったか、推察できるエピソードである。もちろん陛下のお心は「もうこりごりした反戦意識」でいっぱいだったのであろうと、一人よがりながら筆者は納得した。

ところで弊社の作品である「中国文化芸術夢公演・雑技の祭典」。

上演の冒頭、緞帳前に進んだ司会者は、この雑技の“雑”とは、というくだりからスタートする。

「日本では、雑技の雑という字は、乱雑、雑巾、雑然などと良い意味はなく、マイナスイメージがつきまといますが、中国で雑とは、いろいろなもの、なんでもある、すべて、という意味を表しています。このように⋯┉。」

雑草といわれる植物は生命力の強い草。タネを飛ばし、

ところかまわず発芽させて仲間を強靭(きょうじん)に

増やす。うっかり放置すると、あたり一面みるみるうちに

覆(おお)われてしまう。

象の耳このように厄介で役立たず、嫌われて駆除の対象となる

植物にも、陛下がおっしゃったようにすべて名前があるの

だ。名前があるということは存在する個性があるというこ

とでもあろう。

たとえ名もなき雑草のような存在であっても、ましてそれが人間であれば、同じく呼吸し、同じく太陽の恵みを等しく浴びているわけだから、軽々に差別をしたり、無視できるはずは毛頭ないのである。

「雑草という名の草はない。」筆者はこの言葉をいつも心に銘じている。

なぜなら筆者自身がまぎれもなく雑草なのだから。      (M・F)

 

コメントをどうぞ