株式会社 雅夢

ホーム›  道元は難しい。

道元は難しい。

2015年06月15日

鎌倉時代初期の曹洞宗の開祖・道元禅師に興味がある。

「正法眼蔵」(しょうぼんげんぞう)をはじめ、道元(どうげん)の書はやたらと難しい。理解できたような気がして、一晩寝ると理解できていない。

仏性とは、一心上乗とは何か?身心脱落とは何か?つまりお前さんは、宇宙の道理が分かるのか?自我意識を捨てられるのか?突きつけられた凡人に応えるすべはない。道元は難しい。

だけど魅力があるし、なぜか気になる。だから道元の書や問答と格闘中。

この頃は時おり梅雨の雨音に耳を澄ますようになった。

「あの音は、アジサイの揺れる葉が、雨粒を弾く音かな?」

揺れるのは、生きているんだ。

コメントをどうぞ