株式会社 雅夢

ホーム›  コロナ禍のエピソード

コロナ禍のエピソード

2022年04月13日

過日、某県の田舎にある学校へ電話した。

「あの作品提案の件、いかがなりましたか?」

「申し訳ない。文化庁がするコロナ支援の作品に決まりました。」

「はあ?それはどういうことですか?」

  • この作品を採用すれば文化庁のコロナ支援になる。
  • 文化庁に書類を出せば採用する手はずに。その手続きは業者が代行する。
  • 文化庁も応援している。など、など、など。

文化庁が業者の提案する作品を推薦する?そんなはずはない。

よくよく訊いて分かった。

手法は、消防署のほうから来た消火器売りと同じ。

こんな手口に惑わされるとは。

もっとも相手は高校の先生。

お説教するわけにもゆかず、

「ただ、承りました。」

真相はこうだ。

コロナ禍、文化庁では、文化芸術団体に一定の条件を付けて補助金を出している。

文化庁のコロナ支援とは申請した業者に出る補助金のこと。

つまりコロナ支援になるのは学校ではなく業者のほうなのである。

もっとも弊社はいっさい申請していないが。

笑っちゃうけど笑えない。

こういう古典的詐欺まがいが、まだ通用するとは。

この業者、だいたい推測はついているが、口に出せばこちらの口も汚れるようで、コロナ禍、うら寂しいエピソードで恐縮です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です