株式会社 雅夢

ホーム›  山川異域 風月同天

山川異域 風月同天

2020年02月14日

   中国武漢に端を発する新型ウィルス問題、日本では過熱気味とも思えるマスコミ報道が連日続いています。

せっかく日中関係が改善し今春は習近平さんが国賓で来日するというのに昨今の現状。

この件の過小評価は禁物ですが、過剰に怖れてもいけないでしょう。

マスコミや医療関係者には、事実を、正確に、悲観することなく、ポジティブに報道してもらいたいもの。

そんな中、日本人が「山川異域 風月同天」の言葉を添えてマスクなど救援物資を送る行為が中国人の心をとらえています。

たとえば中国語資格HSKの日本事務局が湖北省の高校へ送った箱のラベルに感動した中国人が、交流サイト新浪微博(ウェイボー、Weibo)に発信し、中国で絶賛を浴びています。

ご承知のように、これは奈良時代の皇族、長屋王が唐の高僧、鑑真和上を日本に招く際に送ったとされる千着の袈裟に、「山川異域 風月同天 寄諸仏子   共結来縁」と刺繍されていた故事によるもの。

鑑真和上はこの言葉を目にして奮い立ち、困難を乗り越えて日本へ来たので

す。

「山川異域 風月同天」とは、「土地は違っても、同じ空の下で自然の営み

は変わらない」との意味でしょうか。

「寄諸仏子 共結来縁」とは、「同じ仏教を信ずる皆さん。
いっしょに未来のご縁を結びましょう」とのメッセージと受け取れます。

困ったときの相手を思いやる日本人の精神に中国人は感激しているようで

す。

日本と中国は一衣帯水の関係。

こういう交流を続けながら、ともに発展していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です