株式会社 雅夢

ホーム›  大岡越前守

大岡越前守

2017年03月13日

江戸時代の奉行・大岡越前守の名裁きに「子争い」がある。

 

ふたりの女がひとりの子をめぐり、

「自分こそこの子の本当の母親」

と訴えた。

大岡越前は

「ならば左右から子の腕を持て。力いっぱい引き合って勝ったほうを実母とする」

 

女たちは子供の腕をおもいきり引っぱりはじめたが、子供が痛がって泣くので、一方の女が思わず手を放した。

そこで大岡越前は言った。

「本当の母親なら子を思うものである。痛がって泣いているのに、なおも引く者がなぜ母親であろうか」

 

営業の世界でも同じようなことがある。

相見積もりを提出し、査定会議に載った。

一方は、あれも、これもできる、他社とは違うと自社の優位性を大宣伝。

一方は、できないものを伝え、その他は責任もって真摯に行うと伝えた。

結果は、控えめな発言に終始した後社に決まった。

 

なぜか?

 

担当者の人間性、いわば正直さと、内容への自信。

なにより他社を誹謗中傷しない方針が受け入れられたのである。

取引先には大岡越前のような方がたくさんいる、と思う。

この頃弊社におとずれたエピソードである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です