株式会社 雅夢

ホーム›  福本選手語録…①

福本選手語録…①

2016年07月27日

MLBで大活躍するイチロー選手は別格として、記憶に残る名選手がいる。

プロ野球で「世界の盗塁王」と言われた福本豊選手だ。

 

通算2543安打、通算208本塁打を記録し、歴代1位の通算1065盗塁の記録を持つ福本豊氏は、プロ野球解説などで、実は奥深い語録を残していることでも有名だ。

その福本選手の語録から。

嘘かホントか、おもしろい逸話がある。福本選手って、関西人やなーと思い、まんねん。

 

 

・福本選手が国民栄誉賞を固辞した理由。

「そんなんもろたら立ちションもできんようになる」

・社会人野球からドラフト指名された翌日、電車の中でスポーツ紙を読む同僚に

「なんかおもろいこと載ってまっか」と聞いて、

「おもろいってお前、阪急から指名されとるやんけ」

と指摘され、初めて指名に気づいたという伝説。

・現役時代、オールスターゲームで後輩の選手が福本選手に盗塁術を聞いたところ

「そんなん、気合や!」と答えた。

・盗塁のMLB記録を超えた後、記録達成を記念して特例による名球会入会が認められたが、これをあっさり固辞した。

・現役引退後、解説者になって、アナウンサーから盗塁成功の秘訣を聞かれ

「まず塁に出ることやね」と発言。

・フェンス際で失速した打球に「何が足りなかったんでしょう?」と問われると

「距離ちゃう?」

・投手戦で○が並んだスコアボードを「タコ焼きみたいやね」と評し、その後1点が入ると「爪楊枝がついたな!」とオチをつけた。

 

この語録、福本選手がまじめに答えているところが面白い。

やっぱり、福本選手って、ボキャブラリー豊富な関西人でんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です