株式会社 雅夢

ホーム›  おもてなしの心はどこへ?

おもてなしの心はどこへ?

2014年06月20日

公演が続き各地に出かけることを、私たちは「旅に出る」といいます。旅先での楽しみは、温かい人柄のお客様との出会い、そしてご当地の美味しい食事とともに、その町が愛する伝統文化にふれること。それらに満足しながら私たちの足は予約した宿泊先へと向かいます。 しかしこの頃、私たちはこの宿泊先ホテルのシステムに違和感を抱いています。 宿泊するホテルは、事前にネット予約し、宿泊者名簿も提出して、支払いも済ませているにも関わらず、到着したホテルのフロントの係の方が、もたもた、もたもたするのです。いわく、 「お一人様ずつ、お名前、ご住所、お電話番号などのご署名をどうぞ。」 「パスポートの提示をお願いします。」そして、 「当ホテルのシステムは……」とご説明。あげくが鍵の使い方、朝食のご案内、ホテル特典サービスのご案内と、えんえんと続きます。まさにマニュアル通り。主に全国展開する大手のホテルチェーンに多い現象です。そうしなさいとマニュアルに書いてあるんでしょうが、旅先のホテルは疲れた体を休めるオアシスのような存在なのに、いったい日本人特有の「おもてなしの心」はどこに行ったのでしょうかね。団体で到着したお客様方の表情をくみ取り、一刻も早くお部屋へご案内するのが親切なフロントサービスだと思いますけど。 だから、便利でしょうけど、大手のホテルチェーンを予約するのは控えてくださいと会社に伝えるのですが、最後は経理のコワい?方が登場して、 「経費の問題もあるから。」とぴしゃり。私たちはしょーんぼり。

コメントをどうぞ